くさや大豆 ( 乳核酸 ) 効果 腸内の善玉菌を増やして 帯状疱疹 のただれ 痛み を早期に軽減

くさや大豆 ( 乳核酸 ) 効果 腸内の善玉菌を増やして 帯状疱疹 のただれ 痛み を早期に軽減 できる方法を紹介します。

腸内細菌を増やすなどの腸内環境を整える方法はさまざまありますが、帯状疱疹のただれや痛みといった症状は薬を飲んでもあまり効果がでなかったり再発するケースが多々あります。

くさや大豆 ( 乳核酸 ) 効果 腸内の善玉菌を増やして 帯状疱疹 のただれ 痛み を早期に軽減
くさや大豆 ( 乳核酸 ) 効果 腸内の善玉菌を増やして 帯状疱疹 のただれ 痛み を早期に軽減

くさや大豆 ( 乳核酸 ) は善玉菌の栄養になって腸内環境を整え、治療効果を高める

これからの医療は、免疫力 ( 体にとって異物であるウィルスや細菌などに対抗する能力 ) や自然治癒力を高めることが主流になっていくはずです。

病気を寄せつけない体作りを、さまざまな方法で行うことが大切です。また、ある人には効果のあったものも自分には全く効かないというケースもあるでしょう。腸内環境は個人個人違いますから当たり前といえば当たり前です。

病気予防だけでなく、病気になってしまった際にも自分の免疫力を高めることで病気を改善する考え方がとても重要だと思います。日々の生活習慣、食習慣などで自分の体調をしっかりコントロールすることも大切です。

そんな中、帯状疱疹の治療効果の検討に関する発表がありました。これは、くさや大豆(乳核酸)と呼ばれる健康食品を摂取した初期の帯状疱疹の方に自律神経のバランスの改善が見られ、予想以上に早期の改善が見られたという内容でした。中高年を中心に増加している帯状疱疹は、この免疫力と大きな関係性があります。

帯状疱疹は通常、体の片側に帯状の疱疹が現れます。高齢者や病中病後など、免疫力が低下しているときにかかりやすくなります。若い人でも仕事などで忙しい日が続いて、やっと終わったと思ったら全身にでるケースもたくさんあります。

帯状疱疹は虫刺されやあせもと間違えやすく早期治療が遅れると神経痛が残りやすい

帯状疱疹 の原因は、多くの人が子どものときにかかる水ぼうそうのウィルス ( 水痘ウイルス )です。

水ぼうそうはいったん治っても、ウィルスは神経節と呼ばれる場所に潜伏しています。免疫力が正しく働く健康な人は、水ぼうそうのウィルスの活動を抑えることができます。

水ぼうそうは 10 歳以下の子どもによく見られる感染症で、正式には 「 水痘 」 、一般的には 「 水ぼうそう 」 と呼ばれる。全身の皮膚に痒みの強い水疱(水膨れ)ができてしまい、発熱を伴います。原因は 「 水痘 帯状疱疹ウイルス 」 というウイルスです。感染力がとても強いため、咳やくしゃみなどを通じた飛沫感染をはじめ、空気感染や接触感染によって広まってしまいます。

ところが、免疫力が低下した人はウィルスの活動を抑えることができず、帯状疱疹と呼ばれる炎症や痛みを引き起こしてしまうのです。

発症初期の帯状疱疹は虫刺されやあせもと勘違いする人が多いため、診察を受けるのが遅れがちになります。

皮膚の赤みに加えてビリビリとした痛みを感じたら帯状疱疹を疑って、すぐに治療を受けるようにしてください。帯状癒疹がやっかいな病気といわれるのは、皮膚症状が治まった後も痛みが残ってしまうことがあるからです。

一般的に、皮膚症状が治まった後も 3 ヶ月以上痛みが続く場合は、帯状疱疹後神経痛と呼ばれる症状が疑われます。

帯状疱疹後神経痛は、免疫力が低下した人や、治療の開始が遅れた人に起こりやすい症状です。

帯状疱疹の皮疹 ( 水疱など ) が消失し、帯状疱疹が治癒した後も続く痛みのことで、帯状疱疹の合併症としては最も頻度が高く、3ヵ月後で 7 ~ 25% 6 ヵ月後で 5 ~ 13 %の人が発症しているという報告もあります。
中には数年~十年以上の長期にわたって痛みに悩まされる人もいるほど怖い症状です。

帯状疱疹と診断されてしまった場合、帯状疱疹後神経痛への移行を防ぐには、適切な治療を受けるとともに免疫力を向上させることが欠かせません。免疫細胞が最も集まっているのは 「 腸 」 です。免疫力を強化するには、全身の免疫細胞のうち、半分以上が存在するといわれる腸の環境を整えることが大切です。

腸内には善玉菌、悪玉菌や日和見菌 ( 両者の強いほうに加勢する菌 ) が存在します。

善玉菌が減って悪玉菌が増えると免疫力が低下して、帯状疱疹をはじめとするさまざまな病気を引き起こします。免疫力を高めるには、腸内の善玉菌を強くしてあげることが欠かせないのです。

くさや大豆 ( 乳核酸 ) を飲んだら治療効果が高まって神経痛を回避

くさや大豆 ( 乳核酸 ) は、国産の大豆を発酵させたときに乳酸菌が分泌する代謝物を凝縮した健康食品です。

乳酸菌の代謝物は腸内にいる善玉菌の栄養になります。くさや大豆 ( 乳核酸 )は腸内にすむ善玉菌の数を増やすだけでなく、菌そのものを強化するため、免疫力の向上が期待できます。

実際にくさや大豆 ( 乳核酸 )と治療とを併用した症例です。1 ヶ月問飲んだところ、想定以上の速さで症状が改善。皮膚症状が改善した後も、帯状疱疹後神経痛が残りませんでした。自律神経のバランスの乱れは白血球のバランスの乱れを招いて、免疫力の低下を引き起こすという理論は、世界的な注目を集めています。

くさや大豆 ( 乳核酸 )を飲んだ帯状疱疹の方の白血球を調べてみたところ、摂取前は乱れていた白血球のバランスが理想的な割合に改善されていました。

くさや大豆 ( 乳核酸 )によって、免疫力の強化に欠かせない自律神経の働きも調整されたと考えられます。
あくまでも初期の帯状疱疹の方に限った例ではありますが、ほかの方たちの例を見ても、くさや大豆 ( 乳核酸 )は帯状疱疹の治療効果を高めるのです。

くさや大豆(乳核酸)50cc原液酪酸タイプ


乳核酸 – LB – (50cc原液酪酸タイプ) 10ml×5本 全国送料・代引き手数料無料 乳酸菌 大豆 ココプレイス
十数種類の乳酸菌を国産大豆と黒豆を培地にして発酵。発酵した菌が作る分泌物が腸内の善玉菌の栄養物になります。核酸や必須アミノ酸、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれる栄養補助食品です。有機酪酸が含まれているため、特有の発酵臭があります。

  • 容量:50ml
  • 栄養成分表示:100 gあたり / エネルギー17kcal、たんぱく質0.4g 脂質0.1g 炭水化物 3.9 g ナトリウム 4.7 mg
  • 原材料:大豆発酵抽出液(乳酸菌、酪酸菌)
  • 利用法:1 日 1 ~ 4 ml が目安 ( 1 滴は約 0.2 ml )
  • 商標名:乳核酸LB
LB 原液 栄養成分表示
水分 95.5g / 100g
たんぱく質 0.4g / 100g
脂質 0.1g / 100g 未満
灰分 0.2g / 100g
炭水化物 3.9g / 100g
エネルギー 17kcal / 100g
ナトリウム 4.7mg / 100g

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください